地域を活性化

木材利用ポイントとは何か

木材利用ポイントとは木造住宅を新規に購入した場合や家を木造建築へと改築または増築した場合、そして木造製品を購入した場合においてポイントを発行することで住んでいる地域の様々な特産品などと交換できるようにした事業で林野庁が行っている事業です。木材利用ポイントは、地域材を健全に利用することにより森林の保全について適切に守ると同時に地方の農村や漁村などの地域新興に役立てるためにつくられました。 ポイント発行にあたっては一定の条件を満たした場合において対象となり、ポイントを申請する期間が決められていることを留意します。 木材利用ポイントの相場としては、例としては木造の住宅を購入した場合においては30万ポイントが支給されます。東日本大震災により被災してしまった住宅を再び新規に購入する時には50万ポイントを支給するように定められています。増改築の場合においては増改築した面積により発行されるポイントが変わってきます。

この事業での経済効果及び今後の予測

木材利用ポイントは既に木造住宅購入や木製品の購入などでポイント取得が有効となっている期間が終了してしまっているため、新規に木材利用ポイントをこれから得ることはできなくなってしまっている点を留意しておく必要があります。 ポイント取得が有効となっている期間内に条件を満たしたあと、木材利用ポイントの発行申請を申し込む際にはまだ現在は申請の有効期間内ですが、2015年4月以降はポイント発行の申請は郵送のみの受付となっています。また木材ポイント事業行う可能性については現段階では未定となっていることを頭に留める必要があります。取り扱っている林野庁で予算が再びついた場合には再び同じ事業を行う可能性はあります。 現段階では継続的に行っている事業ではないため価格傾向及び経済効果について今後については未定ですが、今回の木材利用ポイント事業においての経済効果としては林野庁では約2,200億円を見込んでいます。